2008年02月27日

仕事がどんどん無くなるニッポン?〜まぁオイラは好きなこと身勝手に毎日やってます〜

さてさて、
やっとゴマ油の魅力に目覚めたYo-Ichiです。こんばんわ。
え?料理の話です。


色々作ってみました


DSC07560.jpg

●アボガドとマグロの和え物

今回の改善点はマヨネーズを使ったこと。
マヨ+さしみ醤油+わさび適量で、変化。

DSC07561.jpg

●まいたけと豆もやしのゴマ油炒め

いや別に工夫とかないです。
そのまんまです。ゴマ油の効果を試したくて…
ちなみに、中国産の白胡椒を使うと、めっちゃ中華っぽい味に変化。


DSC07559.jpg

●ササミのオリーブオイルフライ

まぁ前に鮭でやった料理。
ローズマリーをからめたオリーブオイルでひたひたと
片面揚げ。

ササミを揚げたら脂肪分増えるから、
意味無いじゃん…なんてちょっと思ったり(笑)


うーんおいしかったけど、見栄え悪いな。



◇◆◇

最近のお仕事は、
単発で何か広告を作りましょう、というのに終わらない仕事をよくやってます。

結局、広告って
「こういうイメージで見られたい」とか「こういうことを伝えたい」
とかっていう「感覚」や「情報」をのっけるインターフェイス。

だから自分の仕事は、
その「感覚」や「情報」を創る仕事で、
それをデザイナーやコピーライターなどを動員して、
「インターフェイス」創りを手伝ってもらうのかなぁと。

※注:インターフェイス:
二つのものの間に立って、情報のやり取りを仲介するもの。また、その規格
(IT用語辞典より)

自分はその点で、多少手先が不器用でも
コンセプトワークや、ディレクションの能力、業界知識などの広い視野、
または原価管理といった「数字を読む」力を非常に重要視しています。

結局、インターフェイスを創る部分は下手をすると
コモディティ化できてしまう。
例えば、日本語のできる中国人デザイナーがいたら、
もっと安い給料でデザインを頼めるわけだし。

「日本語ができる中国人のデザイナーが活躍なんてするかよ」
って思うかもしれません。

でも現に今まで日本人がやってきた仕事は
どんどんコモディティ化されています。
システム開発の世界では、
基本設計を日本でやって、
あとの開発をやるプログラマーは中国人ということも多いそうです。
もし日本語が使えると日本からの受注も増えるから、
中国人プログラマーは猛烈に日本語を勉強してるらしいし。


今までは、肉体労働の部分が、最初にコモディティ化されてきた。
例えば、工事現場の作業員。
中国人やイラン人など多かった。

今は発展途上国や中国などの文化水準も猛烈に進歩しているので、
頭脳労働の部分もどんどんコモディティ化される。

何も高い給料を取る日本人に任せる仕事はどんどん取られていく…
じゃぁ、われわれは何をやればいいのか?

そこはオイラもまだわかんないけど、
最近よく取り上げられる「感情労働」にヒントがあるのかな?って思う

※注:感情労働:
身体や知識だけでなく感情の移入を必要とする労働作業を意味する。
感情労働にもっとも相当する職種としては、看護師が挙げられる。
航空機の客室乗務員や風俗嬢、ホスト、ホステスなどのサービス業も感情労働に当てはまる。

実は、自分の感情をコントロールして仕事をすることは
まだまだコモディティ化できない。
感情ばかりは成果さえでれば良いというわけではないから。
もしかしたらここにヒントがあるのではないでしょうか?

誰だって気持ちのいい人と仕事がしたい。
うちの会社でも指名が多いディレクターは
「●●さんはすごく心強い」とか
「▲▲さんは対応が丁寧」とか
ホスピタリティーの面で仕事の指名が来ている人もいる。

同じ仕事をするなら、
高いホスピタリティーを発揮できるか?
そこに中国人などより高いお金をもらっている
俺たち日本人の労働者が発揮すべきバリュー(価値)がある気もする
(まぁそう考えると自分もマダマダですが)


まぁ自分が今考えている結論は、
<本当に好きなこと、自分が120%の全力で立ち向かえることをやる>

<どんどん努力するから、その分野に強くなる>

<それを他人に任せられない自分じゃなきゃできない仕事にする>

ここからが大事
<ある程度いったら、それを他人にもできるように体系化・マニュアル化して、どんどん周りに委譲していく>

<自分のスペシャルな分野を、他人もできるようになったら、
その仕事は他人に任せて、また自分にしかできない仕事を探す>

<最初に戻る>

自分にしかできないことをやる人は
組織としては実は貴重じゃない。
いや昔は良かったけど、今はもう貴重じゃないでしょう。


【オマケ】

もはや映画評と化している…

映画は次の広告のネタ源ですから、
常にインプットは欠かせません。

インプット!インプット!
そして
アウトプット!アウトプット!
の連続ですw

では、

●パビリオン山椒魚

前から見たかった珍作。
国宝級の山椒魚をめぐる、財団とヤクザ企業と
レントゲン師のドタバタ寸劇。

サントラが菊池成孔とかやたら昭和レトロオシャレ要素満載。

いや、とにかく
オダギリジョーと香維由宇のコンビ勝ち。
ストーリーはどんどん破綻していくのに、おもしろい。
まったく無意味な行動の連続です。
が、キャストがスパイス効いている。

高田純次、キタキマユ、KIKIとか色々。
好き嫌いは分かれるとは思いますが、オイラはこういうの好きです。すごく。
オダギリジョーの山賊キャラは相当おもしろいので一見の価値あり。


●ストンプ・ザ・ヤード

打って変わって、まったく逆のハリウッドの青春ダンスムービー。
大学でストンプというダンスにチャレンジする黒人の若者の話。
ヒップホップ感がすごくあるのに、舞台が普通の大学という感じが
逆にいい。
ストリート風の若者達も、大学を出れば良い仕事について就職する奴もいる。
みんながみんな、銃をぶっ放すような環境にいるわけじゃない。
でもストリート感って出せるよね?って。
まぁなかなか楽しいです。

単純にダンスのかっこよさで言うと、
同系の映画である「ユー・ガット・サーブド」のほうがかっこよいです。正直。

だけど映画としての完成度や、映像編集の巧みさなどはこっちのほうが上。
まぁどっちもストーリーはちょっと無茶ですが…


【今日のBGM】

金魚/ Bonnie Pink



最近邦楽を良く聞いてます。
90年代後半の日本の音楽って
なんか不思議な魅力があるね。

洋楽の影響を受けながらも、邦楽の空気感。
というかそもそも洋楽とか邦楽とかというくくりすら
なく双方にすごくフラットな音楽が多い気がする。
例えば
ドラゴンアッシュ、椎名林檎、くるり、ボニーピンク、
ブリリアントグリーン、Zilch、イエモンなどなど…
posted by moopys2008 at 21:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

チャンスを創る〜ちょっとマヂメに〜

さて、怒涛の一週間で家も会社のデスクも散らかりっぱなし…
のYo-Ichiです。こんばんわ。

それだけならまだしも、個人の仕事ではなく、
チームリーダー業務が放置状態です(リーダー失格。)

というわけで来週は「レッツ・マネージャー業務」です。
なーんてうまくいくんだろうか?
今日はブログを更新していることから、ご存知会社です。
最近、毎週土曜会社に来てます。

理由として
・空調が効いているし…
・オフィスきれいで景色もいいし…
・ネット使えるし…
・家からすぐ行けるし…
ヒドいですね(笑)
高度経済成長期のモーレツリーマンとは別タイプの
「ぐうたら会社人間」ですね(笑)

◇◆◇

さて、後輩などいない静かなオフィスですること。
それは
ルーチンワークではなく
もっとじっくりアイデアを練ったり、情報収集したり、
勉強したり…と非常に創造的な時間です。

たまたま設備的に、今のオフィスが一番良好だから
会社に来ているだけなんですね。

今日はさっきまで何時間もかけて、
会社の諸先輩達の仕事を見て、学んでました。

社内外の広告賞などで
知っている先輩、同僚、後輩が活躍しているのを見るたびに焦る。
業界中にいる先輩達の大きな背中に打ちのめされ、
どんどん成長してくる後輩達の足跡に怯える。

広告の仕事に限らず、どの仕事でも真剣に取り組んでいる人は
そんな「いばらのみち」での葛藤の連続なのかなって思います。

特に、オイラの仕事の場合、
「アイデア」という形のないものだからこそ
年次や肩書きなんて関係なく、実力主義社会。
常に自分をアップデートしていかないと…と。

今のオイラの状況で言うと、
一個一個の仕事でなかなか自分が望む結果につながらず、
もがく時期なんでしょうかね?

仕事における周囲からの信頼度もある程度は蓄積されてきた。
でも、それだけなら同じくらいの経験と努力を積んだ人なら
達成できるレベル。

最近は「今の部署だとチャンスがない」とか
「もっと違うことをやりたい」とか思ってたんですね。

でもふと自分の持っている案件を振り返ったときに、
まだまだできることってあるだろう〜って思ったんですよ。

サッカーに例えるなら、
敵も味方も密集しているポジションで
「パスを出してくれ!」って声をあげるだけではパスはこない。

ボールを持ってる選手を見ながら、
誰も気がつかないポジションにさっと動いて、
「ここにパスを出せば、チャンスだぞ!」って
アピールしないと。

チャンスは与えられるものじゃない。
自分でチャンスの原石を発見し、それをチャンスに変えていかないと。
なーんて、ふと思ってみました。
きっといい仕事をしている先輩達は、
会社のみんなと同じような仕事の中でも、
自分のパフォーマンスを最大限に行かせるチャンスを
作り出しているんだろうなって。

受身で待っていてもチャンスはこない。
自分に都合の良いようなチャンスとなる仕事を生み出す。
すごい当たり前に聞こえますよね。

この言葉に気づかされるってことは、
逆に言えばそれすらできていなかったということなんですわ。

師匠にも
「先輩達の仕事をどんどん見て学べ。お前はもっと鬼の量仕事しろ。
誰よりも知識を吸収し、高い分析力を持ち、俺のような制作になれ」
って言われました。

気がついたら、もう3月。
何かに逃げない年にする。
改めて、今年一年、猛烈に仕事する。

【オマケ】
マジメに書きましたが、
結構、もがきの時期なんだろうな〜って。
新人の時は、それなりに結果出すと
「わーすごい」ってほめられた。
それでカンチガイできた。

今はワンランク上のステージで
自分が甘いってことに気がついた。

でも時々「俺には違う仕事が向いている」って逃げたくなる。
言い訳したくなる。
でも、ぐっとこらえないと。
努力と、正しいと思ってやってることが結果につながらない時期を
耐え忍んで、チャンスを待たないと。

フィリッポ・インザーギ先生リスペクトです。
彼のような粘りと精神力を〜。


というわけで映画評です(笑)

●トウキョウ・アンダーグランド

ビデオ屋のはじっこのコーナーで見つけて
「なんじゃこりゃ?」と見てみました。

コミックや絵を描いたりするのが好きな、
ドイツ人の女の子が、たまたま出会った日本人DJの
紹介とすすめで、東京に行く。
その日本人DJの知人のスウェーデン人の家に居候し、
彼女達と共に、銀座の水商売(外国人キャバクラ?)で
働きだす。

違和感ばっちりの東京ライフだが、
意外な展開を見せ始める…

って感じなストーリーかな。
なんだか、ロスト・イン・トランスレーションみたいですが、
ストーリー的にはどんどん破綻していきます。
「は?なんでそういう展開になるの?」ってとこばっかり(笑)。

あと東京の描き方もこの手の映画には
おなじみの「うーんこれって違くない?」の連続。
ただ、それなりにがんばってはいた。

うっかりすると超B級映画なのですが、
この映画、予算はないけど、妙にセンスがあります。
ロリータにも通じる
主役の女の子を演じたクロエ・ウィンケルの独特の存在感。
(ドイツでは結構、有名なモデルらしい)

あと東京を実にクールなブレードランナー的な街に
描ききったヨーロッパ人的な視点。
意外とスタイリッシュです。

たぶん好き嫌いは分かれるけど、ヨーロッパ映画的な
質感の好きなオイラとしては、妙に印象に残る後味でした。
(ストーリーは痛いけど…)

気になる方は見てみてください
「なか卯」とかでテイクアウト弁当買ってたりします…(笑)
あったっけ?


【今日のBGM】

jeremy / Pearl Jam


やっぱグランジっしょ!!!!
というわけで、ニルバーナに比べて日本では評価が不当に低い
パールジャム。

この渋いグランジロックは、案外正統派な感じもしますね。
いやーこういうグランジ系とか自分は好きですねー。





posted by moopys2008 at 19:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

ストレス〜酒でしょ酒。〜

っていきなりネガな感じですが、
本日3食がコンビニになってしまいました、Yo-Ichiです。
こんばんわ。

全身毒素と呼んでください。


もうありえないくらいのスケジュールです。
一日15時間は余裕で働いてるんじゃねーかみたいな。

デザイナーとかで、作業ベースの仕事ならわかるけど、
企画ベースで、こんだけの仕事量…
それも実作業は、外部に出してるにも関わらず…
どんだけ企画が同時進行やねんって感じです、ってグチですね。


まぁそんなこんだですが、
「来週は仕事しねぇ」宣言を勝手に発令(希望?)しているので、
来週は飲みに行きます。たぶん。

そうさきほど、同僚と
「晩酌はするのか?」で盛り上がりました(仕事すれば?)
実際、普通するもんなんでしょうか?

おいらは酒飲まないといやな方なので、
飲みます。
自分の親も飲んでるから、それが普通だと思ってます。

でも意外と、「平日は酒飲まない」って人多いんですね?
そう!
わが社には「ビール飲めない」なんてオトコもいるんです
(いやぜんぜんいいんですけど…)

酒飲めない人ならわかるけど、
「苦くて飲めない」なんて
合コンのときカワイコぶってる女かっ!
(って別にいいとは思いますが、あえて怒ってみる:笑)

とりあえず、酒量は増えているこのごろ。
あかんですね。俺。

「ストレスを感じているな〜って自分」を認識する
(ある種、メタ認知って言うんですけど)ならまだ冷静ですね。
とりあえず、眠いです。ええ。生きてます。まだ。
お腹すいた。たぶん。

すごい脱線気味な戯言でした(笑)

【オマケ】
あ、映画評

●プラトニックセックス

今頃見ました(笑)。なんだか、逆にレジに持っていくが恥ずかしかった…(恥)

結論から言うと俺は結構好きだな。
本を読んでないからか、中身の展開がレベル高いな〜って思いました。

ある意味、本当に飯島愛のリアルストーリーだと思うから
余計じ〜んとくるのか、わかりませんが。
結構、普通だし、シンプルなんだけど、
これが妙にリアルなのは、実話に基づいてるからなんだろうね。
実話は小説よりも奇なり。
見る価値はある映画ですね。

オダギリジョーの力もデカいんでしょうけど。
主役の女の子もすごいね。
ハンパない演技力。


【今日のBGM】
眠い。


posted by moopys2008 at 22:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

産業廃棄物やら、パンクやら〜週末はレッドブルウォッカの乱〜


さて、また更新が遅れてしまいましたね…
バレンタインに会社の子にもらったチョコをパソコンの上に
おいて放置していたら、溶けてしまったYo-Ichiです。こんばんわ。

バレたら殺されそうです。


さてそんなことはさておき。
先週はハードですた。

●水曜

会社を19時半に出て、
アパレル時代の同期会に。
同期2人が退職するので、送別会なのです。
もう2年以上前に、送別されてしまったオイラが
いるのも妙な気がしましたが、みんなに会いたかったので参加。

久しぶりにこんな人数の同期が集まりましたね。
当時は営業部の下っ端とかだった奴らも、
営業部をひっぱったり、MDになってブランドをひっぱってるとこまで成長。
あともう5年ほどしたら、ファッション業界を作るくらいに
なってほしいですな。

あと女性陣がみんな
「オトナの女」って感じでキレイになったような気がした。
もともとオトナっぽい人多かったけど、
20代後半に入り、雰囲気が身についてきたのかな〜?
きっと30代になったら素敵な女性になる気がする
(ホメると調子のりそうだから、言わなかったけど)

ここまで月日が経った成長の話をしておいてなんですが、
会話は就活時代と全く変わらず…
「●●にはどうして彼氏ができないのか?」とかで盛り上がる(笑)。


で、久しぶりの同期の集まりは楽しく、結局3次会くらいまで
付き合い、平日なのに朝4時に帰宅…うわ。


●木曜
普通に二日酔い…最近酒が残る。
取材&撮影があったので、昼過ぎには会社を出て、
頭痛薬と、リポビタンDで気合を入れる(なんか凄そう)

この日の撮影はマジですさまじかった。
東京の川中にある中州に建っている
巨大な産業廃棄物処理場が舞台。

建設現場とか、解体屋さんが持ってくるゴミを
手分けして、スクラップして、分別して、リサイクルする工場。
マジで凄かった…

・埃で数メートル先が曇っている視界不良
・働いている人はガスマスクみたいなマスクしている
・俺のワイシャツの襟が黒くなった…
・ダンプとかがドドドドドって…
・カメラマンさんのカメラも埃まみれに…
・外に停めていたカメラマンさんの車も火山灰かぶったように
なってしまった…

マスクを事務所に忘れた上に、カメラマンさんと一緒に
先方の社長が「マジで危ないですよ!」ってとこまで突入したので、
確実に寿命が3日くらい縮まりました。
相当、毒素を吸入しました…

でもこういう仕事をやっている人達もいるんだよなぁ。
それをきちんと認識しないと…って思った。


●金曜
営業部チーフ陣とのチーフ・リーダーレベルのミーティング。

営業部とウチの制作部。
どちらも組織の仕組み上、
ローキャリアの若いメンバーを多く抱えている。


一見、外から見ればプロフェッショナルでも
内情は「ガキか!」って怒鳴りたくなるくらいの低レベルな
コミュニケーションロスは多い。

しかし、低レベルなことでゴネるメンバーを
「このくそアホ!」とか思ってても、
彼らだって何か強みはあるだろうし、いかにそれを
うまく引き出し、モチベートさせ、組織目標にもっていくか。
ここまでできないと、本当の意味で
「最大限の価値創出」はできないだろうな、と自分を戒めてます。


んで、夜は
会社関連の付き合いで、今流行り(?)のカレー鍋会食。
はじめて食べたけど、別にわざわざカレー鍋なんて専門店出す
ほどじゃないよなぁ。
おもしろかったのが、最後にゴハンいれて雑炊にするんだけど
誰かが
「これって、煮込みすぎたカレーライスじゃね?」って(笑)
シュール。
マグロのカマがおいしかった(カレー鍋じゃねぇじゃん)


で、そのあと
マユ→ヒロ経由の誘いで、
六本木某所での外資系企業関連のパーティーに行く。

なんか、外人がすごい多かった。
東京の「ガイジンコミュニティー」というのは
確実に存在していて、結構なパワーを発揮しているなぁ。

ガイジンコミュニティーを狙ったビジネスって
もっとおおっぴらにないのかね?

そんなことはさておき、思いっきりドメスティックな俺とヒロは
なじめず、勝手に飲んで、勝手に傍観して、途中ですごすごと退散。


●土曜

夜は両親の誕生日祝いで、
西麻布のイタリアンへ。

そこで、すごいカッコイイ、爺さんを見つけた!

まさにレオンのなれのはてみたいな
きどったスーツを着て、孫二人の手を引いて
散歩がてらみたいな感じで、レストランに入ってきた。

とにかくかっこよかったのが、
その孫と寿司を食べてきたらしいんだけど、
「この2人がアイスクリーム食べたいっていうからさ」って。
で、孫にアイスクリームを食べさせて、
自分はシャンパンを飲んで、楽しそうに過ごしている。
うおー余裕を感じさせるオトナのオトコだ!

お店の人曰く、
彼は、麻布近辺にある芸能人も来る有名な高級寿司屋の大将で
孫だと思った子は、常連のお客さんのコドモらしい。
へー。
あんな爺さんになりたいと思ってしまった。


んでそのあとは渋谷でサーノン・マミちゃん・太郎・あきこ・りょーすけと合流。ちょっとHUBで飲んでから、ageHaへ。

石野卓球がDJだけ、あってテクノバキバキ。
あまりテクノイベントっていかないけど、
尾崎がラウンジのオーガナイズやってるらしく誘ってくれたので。
さらに、ミノル、ルーシー組のマフィアな連中とも会う。

HUBの時からそうなんだけど、
レッドブルウォッカをなぜか飲み続ける。
ようわからんけど、最後には体の中が妙に熱かった…
テキーラショットじゃなくて、ウォッカショットとか(笑)。
ひたすらウォッカ。ロシア人か。

テクノってあまり好きなほうではないけど、大箱だと楽しいかもね。
散々騒いで、退散。
なんか楽しかったかも。
ダイさんに久しぶりに会って、盛り上がる。

仕事での反動か、遊びにいく時の「ハジケ度」が年々上昇
している気がする。
うーん。でも変わったのは、
長い目で仕事をやっていく時のコンディションは意識する。
無理はしない。無茶に飲んでいるようでかなり冷静な自分がいたり。
そこはオトナになった証拠か。

ずいぶんみっちりな一週間でした。
長くなっちゃった駄文スマソ。


【オマケ】

映画評再び。


●シド・アンド・ナンシー

やっと見ました。
セックスピストルズのベーシストにして
「ホンモノのパンク」であるシド・ビシャスとその恋人の
ナンシー・スパンゲンの破滅的な恋の話。

極端な言い方だけど、
おそらくこの映画をどう見るか?で、
「エスタブリッシュ側」か、「アンチ側」かに別れる気もする。
※まぁ人ってそんな極端に分かれるわけじゃなけどさ。

きっとパンクなんて…って人には、「アホな二人」にしか見えない。
でも、俺にとってはすごくピュアなラブストーリーに見えた。

昔、俺がすごい大好きだった彼女がこよなく愛していた映画。
結局、そんな感性を持ってる人に自分は惹かれるんだなぁ〜と
改めて実感。

別に髪の毛をツンツンにたてたり、ものぶっ壊したりすることだけが
パンクじゃない。
カッコだけパンクなのに体制派みたいなニセモノな奴もいっぱいいる。

結局、社会も高度・複雑化してそのシステムに溶け込んでいかないと
活きていけない。
昔なら「良い大学に入って、良い会社に入って…」みたいなレール。
そのシステムの中で順応できる人はいい。
でも、みんなができるとは思わない。
それを信じられないけど、そのレールに乗せられてる自分と
自分らしさを追求した自分との戦いというか、
現実と理想の間で、もがいてる人もいっぱいる。

そんな姿もパンクなんじゃないか?って思った。
誰もが自由に反抗できる強さを持っているわけじゃない。


【今日のBGM】
God Save The Queen / SEX PISTOLS



せっかくなので、ピストルズを…
まぁ俺そこまで好きなバンドではないんですよね。
30年前のバンドより、ニルバーナのほうが俺にはリアル。
でも、このスタンスはすごいと思う。
音楽の教科書で取り上げたほうがいいくらいの音楽史上の革命。

posted by moopys2008 at 19:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

もし遺書を書くとしたら…〜アホすぎる余計なリスト〜


さてと来週は、我がチームの女性メンバーが
なぜか研修や、未来の姑への挨拶、好きなバンドの追っかけやらで
有給を取りまくり、残された男性メンバーと共に、仕事で地獄を見る予感のYo-Ichiです。
こんばんわ。

そろそろ本格的に癒しが必要になってきました…たぶん。



さて、今日は仕事面での備忘録と面白い記事を見つけたので。


遺書に盛り込みたい項目をまとめてみる(idea*idea*)

百式の方の、このブログおもしろいですよね。
いっつも良く見てるのですが。


うーん、もし明日死ぬとしたら、俺だったら何にするかな。
ちょっと考えてみました。


●一般的な話。

・「みんなありがとう」みたいな。友達一人一人にヒトコト残したいな
(そんな余力あるなら、死なない気もするが)

・もちろん親や親戚もそうだよね

・ジブンの人生はこうだったみたいな。ここも共通。

・捜査をかく乱するダイイングメッセージ(「左利きの男にやられた」とか?←やめなさいって)


●業務連絡事項


・メールとか、パソコンとか、一切合財のパスワード。

・ほんのわずかな蓄えの使い道(なんか寄付とかしたいな)

・葬式の指示(絶対、熱いロックとかガンガン流して欲しい。バンドとか来てほしいなぁ。
やっぱニルバーナとかが一番合うかな)

・ドナー提供。あと臓器もあげる〜。

・残った仕事の後処理・引継ぎ(律儀だなオイ)

・葬式に呼んで欲しい、死んだことを伝えて欲しい人一覧。全員呼んで欲しい。
(あ、元カノとか、昔好きだった子とかもね。
俺のために泣いてくれるかなと、死んでもドキドキ)

・葬儀委員長任命(やっぱここは、空気も読めるしスピリチュアルなガンダーラ柳崎天童だな。
ヒロは棺桶間違えて開けそうだからダメ:笑)

・スピーチの人(変なことを暴露しそうなサーノンとチィとアツシはダメ:笑)

・このブログの「死にました」更新の文(またマメだなオイ)

・エロ関連の処理(ここは隠密に…口の堅い掃除屋求む)

・「実は●●ちゃんのこと好きでした」という死に際の告白

やばい。どんどん脱線してきた。
こんなこと言ってる限りダメだな(笑)


◇◆◇

「キーエンスはなぜ飛び抜けた高収益企業なのか?最終回」

前もここで紹介したのですが、
また参考になる話が書いてあったので。


・接待ゼロ
「ビジネスとは突き詰めれば価値と対価の交換である。
提供した商品に顧客が価値を認めれば、適正な対価が支払われる。
それ以外に余分な要素が入り込む余地などない」

うーん、そうは言っても、自分のパフォーマンスだけで価値を提供するのは本当に
スキルがいることですね。今、自分がそうしようとするから余計に感じる。
一切、お世辞は言わない。


・過去の事例に頼らない

「顧客と接する際には、いつもゼロベースからのスタートを鉄則とする。
顧客は一社一社必ず異なる。仮に同じ顧客でも生産ラインごとに抱えている
問題がまったく同じということはあり得ない。
だから「案件に対しては必ずすべて一から考え直すこと」がルール」



これ、ジブン反省です。ついつい何にでも当てはまるフォーマットで
考えたくなる。つい事例から見ちゃうんだよね。
これは明日の仕事に活かしたい。イチから考えるって結構つらいよ。
企画書もフォーマットで作らないんだから。


「たいていの場合省力化やコストパフォーマンスを高めると言ったお題目のもとに、
自社都合で「カタチ」を作りそれにあてはめて処理しようとする。

しかしカタチは、それが作られた時点ですでに思考停止のリスクを抱えている。
人は安きに流れやすい生き物である。カタチがあればわざわざゼロから考え直すよりも、
そのカタチに何とかあてはめて思考を節約しようとする。
そのとき顧客の問題を本質的に解決すべきベクトルとのズレが起こる。」

まさにその通りです。猛省します。


・自分の替わりを育て、ワンランク上のステージへ行く。

「極めてフラットな組織の中でモチベーションを保ち続けるために
どんなキャリアパスが用意されているのだろうか。
一般に営業マンの次のステージとなるのはグループリーダーである。
リーダーに何よりも求められるのは、自分の替わりとなる人材を育てること。
部下の育成と言えば聞こえは良いが、通常の企業ではそうした
部下が本当に育ってしまうと自分のポジションが脅かされるとばかり
全力で部下育成に取り組むリーダーは少数派だろう。

しかしキーエンスは違う。部下が自分のポジションを務められるようになれば、
自分はさらにワンレベル上の仕事をめざせると考えるのだ。
マネジメントのテーマは、そうした意気込みのあるリーダー達に
常にワンランク上の仕事を用意し続けること。」


これも超猛省。今、自分はチームにおいて「もっとも優れたプレイヤー」を目指していた。
もちろんまだまだ目指していかなければいけないけど、それはまた別次元のところにある。
目先のキャッチコピーを書くのがうまいのではなく、もっと経営課題を見つけにいって、
その課題解決から介入できるクリエイターとかさ。

自分で仕事を抱え込んでいるうちは、リーダーとして二流。
育てます。すいませんでした(誰に謝ってるんだ?)



【オマケ】

我が家の周りはやっぱ変です。

さっき、マンションの大家さんに
「ネットの光回線引いていいですか?」って電話したら、

「実はマンションの地下一階にフランス料理屋が入ります」
という衝撃の事実が!?
地下一階なんてなかったぞ!?

でも、
「だから、光回線をマンション全体で工事しそうです」
だそうです。

近所の元・「本格ペルシャン絨毯屋」が
最近「本場のケバブ屋」に変わってました。
本場って…おまえらイラン人だろ!ってツッコミたかった…

どうなる我が家!?


【今日のBGM】

Steve Aoki



なんだこのスタイリスト崩れは!?って感じですが、
あの有名なモデル、デヴォン・アオキの兄で、
アメリカじゃ結構有名なDJだそうです。
ちなみにサマソニで来日済み。

このMy Spaceの彼のサイト行くともっと聴けるのですが、
この手のアーティストでは一番、ロック魂に溢れている。
すんげぇハードコア。
俺はかなり好きかも。

posted by moopys2008 at 21:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

音と香りとチョコレート〜銀座や白金プラチナ通り〜

なんて、とってもエレガントでセレブリチーなタイトルですが、
今日もオフィスで企画書づくりです、Yo-Ichiです。
こんちわ。

このままじゃ、3連休荒みそうだったのですが意外と楽しくなってきました。

●土曜

このブログを更新したとおり、会社でオシゴト。
その後、太郎の誘いで恵比寿の「恵比寿BAR」で真夜中3時くらいまで食事。
音楽談義で盛り上がる。
再び、大掛かりなプロジェクトが立ち上がりそうです。

その後、渋谷でビリヤードして朝方帰宅。

ってか恵比寿みるく、って潰れたの?


●日曜

なんか朝から、体調すぐれず…
で、そういう時はオイラ必殺の風邪退治メソッドを実行。

銀座のTINUNで、トムヤンクンラーメンを食べて発汗、
そして風邪薬を一気に摂取。
というか、TINUNのトムヤンラーメンはマジで美味。
辛いのに、酸味が利いていて後を引きません。
タイに行きたくなった★

その後、待ち合わせまで時間があったので
お茶しようとよった、オーバカナルで元彦と遭遇。
結局、元彦&あきこと3人で銀座お買い物へ。

2人にくっついて、色んなお店行きました。
サンタ・マリア・ノヴェッラって初めて行った。
石鹸やオイルなどを観察。

あとピエールマルコリーニとか。
すごいね、チョコレートのお店はどこも行列ですね!

あとはバーニーズ。
両親の誕生日が近いので、プレゼントに
マリアージュフレールで、2種類の紅茶を買いました。

あと、色んなグルーミング用オイルとかなんか知る機会に
恵まれて、おもしろいなーって。

最近、そういうアロマとか香りの癒しに非常に興味しんしんです。
香りがもたらす効果というのは、すごく大きいと思う。
バーニーズで1時間くらいオイルのコーナーで、色んなオイルを
手に塗られて、手がつやつやです(笑)。
なんかゲイっぽいな…(笑)

でも、男もこういう基礎化粧品の時代に
本格的に突入するなーっというのを
肌で感じました…

その後、銀座コリドー通りの比内や
で、焼き鳥を堪能。

最近、牛肉より鶏肉を食べるようにしています。
たんぱく質を取るのに、牛肉より脂肪が少ないから。
まだそんな本格的ではないですが、
30代越えたら、本格的に食生活も体質改善しようと
思う今日この頃です。


●月曜(今日でんな)

なんか最近、目覚めてからすぐ動けない…
食生活が悪いのか、寒いからか、ただだるいのか…

で、のこのこ起きて用事があったので恵比寿方面へ。
途中せっかくだから、と天気もいいし、自宅から歩いて
白金台まで散歩してみました。

あの白金のプラチナ通りって始めて、歩いたけど
マジセレブオーラだね(笑)。

路上に止まっている車とかもBMWやベンツとか、ポルシェばっかり…
オープンテラスの席でランチしているリッチなシロガネーゼ。

ふと思ったのが、意外とお金持ちのイメージを
具体的にイメージできてないなーってこと。

召使いがいて、ベルサイユみたいな宮殿に住んで…みたいのって
ちょっと現実はなれしている…。
ではなく、もう少し等身大の「富裕層」

「富裕層ビジネス」なんてあるくらいだから、
「富裕層」ってものを知っておくのも悪く無いなーなんて
思い、観察してみました(怪)

お金持ちになりたい人も、
お金持ちを相手に仕事をしている人も、
あんなお金持ちにはなりたくないって人も、
相手を知っておくことは決して、悪いことではないのーと。

俺的には、
「わーすごい」って素直な憧れと
「うわーくせぇ」というアンチなキモチが入り混じりますけどね。

さーて今日は早めに仕事を終わらせたい。
ではでは。



【オマケ】

●Avalon

今頃見たのですが、有名な押井守監督の映画。
うーん、なんかきっとスタイリッシュなんだろうけど、
俺はハマれなかった。日本のアニメのSF実写版みたいで。

オイラはSFって、エンターテインメントとして成立するには、
現実とつながる普遍的な価値観、又は
ある種、突き抜けた要素が一つは必要だと思うんです。

例えば、定番のストーリーとか、
強烈なバイオレンスとか、濃厚なセクシーさとか。
というのもSFって非現実的だし、イマイチつかみどころが
ないから、自分達の感情を激しく揺さぶる要素が
必要だと思うんですよ。

スターウォーズとかって、
SFだけど、ストーリー全体を貫くのは
愛情とか、復讐とか、自分達の普遍的な価値観に
通じる要素が根底に流れているし。

マトリックスも、強烈なアクションとか、
「今見えている世界ってさ…」という疑いなど
哲学がある。

でも、この映画にはそれがなくて、
現実世界とまったくつながる要素がない、
パラレルワールドの話って感じがして、ピンとこなかった。
もし映像美などにこだわるなら、ちょっとくらい
破綻しててもいいから、もっと感情に訴えかけるモノが欲しい。
とにかく凄いもの作りたいなら、
バイオーハザードくらいバイオレンス&アクションに振り切って
みないとエンターテインメントとしては成立しないと思うな。

悪いとは思わないし、レベルは高いけど、
リアリズムを求める自分には
正直、あまり好きになれない映画でした。


【今日のBGM】
Reflekt:Need To Love / Frankie Wild


映画「フランキーワイルド」から。
架空のDJ、フランキーの曲ですね。

20歳くらいにDJしてた頃、トランスとかかかってるクラブで
結構DJしてました(まぁ自分がかけてたのは、
ハードハウスとか、プログレッシブハウスでしたが)

トランスっていうと、ギャルトランスみたいなイメージですが
あるDJが「ホンモノのトランスはこんなじゃない。」と
イビザ直系の音を聴かせてくれたことを覚えています。
そんな「ホンモノのトランス」「ホンモノのダンスミュージック」
を思い出すサウンドですね。

ヨーロッパに行くとわかるのですが、
この手のダンスミュージックは本当に人気があります。
向こうではDJが本当にロックスターみたいなんですよね。

posted by moopys2008 at 16:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

おもしろ広告アイデア〜ネタ帳から勝手に公開〜

さて本日も結局出社。
雨に降られるし、やさぐれますよね(笑)。
でも、師匠に言われたのですが、
「鈴木さん(現PARADOX CREATIVE社長)は、
土日でも会社に来てた。よく遊んではいたけど、なんだかんだ言って他にやることなかったのかなぁ(笑)」


うん、でもきっと佐藤可士和サンも言っていたけど
「仕事を終えて帰ってきて、疲れたーってとこを、しんどいけどもう一回考えてみる。
メシ食ってるときも、寝るときも、風呂入ってるときも考えてみる。
そこまでしないと、クリエイティブって良いアイデアは生まれない」

とのこと。
いやーそこまでできてないから、まだ足りないのでしょうね…俺。
とか言いつつ、色々ハマって考えるとおもしろいものです。

さて、そんなことはさておき、
会社にいるのも別に今日中にやらなきゃいけない仕事をやっていると言う訳ではありません。
(もちろんやるべき仕事自体は膨大にあるのですが…)

ただ平日は、打ち合わせや取材&撮影に追われたり、
チームリーダーとして後輩の面倒を見たり、営業に同行してプレや商談にも行ったりして
一週間があっという間に終わってしまう。
だから、こういう静かな土日とかに
ゆっくり取り組むべき、まさに「クリエイティブ」な仕事にとりかかりたい感じです。

まぁブログ更新もその一環ということで★

で、今日はオイラのパソコンに入っている、
アイデアのネタ帳(?)からいくつかおもしろかったものをご紹介。


●Harvey Nichols Beauty


HarveyNicholsBeauty.jpg



たしか、女性のアンチエイジングな化粧品か何かの広告。
見ればわかりますよね?

バースデーのローソクが何本増えても、
ずっと若いままで変わらない美しい女性。

シンプルだけど、伝わります。
昔、広告の世界を席巻した伝説のクリエイティブ・エージェンシー
DDBが作ってます。このシンプルなコミュニケーション力は、
今も尚健在、といったところでしょうか。


●黒烏龍茶

e44db7487e7154d328cbb16ec158da98.jpg


結構記憶にある方も多いと思います。一転して日本のです。
「恋もラーメンもない人生なんて」
飲んだ後ってラーメン食べたくなること多いですよね。
でも飲んだ後の深夜のラーメンってメタボまっしぐらです。
そんな新橋なサラリーマンの心にも刺さる黒烏龍茶。

今、西田敏行が出ているビールのCMもそうなんですが、
商品広告って、そのものの機能より、
消費者がその商品と実際に触れあうシーンを描くほうが伝わります。
「黒烏龍茶は脂肪を●●%軽減します!」って書いても、イマイチぴんとこない。
「脂肪を軽減する」だから→「真夜中にラーメン食べても大丈夫」
(まぁ実際に大丈夫じゃない気もしますが:笑)
その「こんな優れたところがある」「だから」という展開が重要なんですねー。
著名なクリエイティブディレクターである、
TUGBOATの岡康道さんは、その「だから」を繰り返していく
アイデア出しのフレームを「サイコロの面を順番に埋めていくように考える」
と言っていました。


●箱根駅伝

5309ea2875ae66f64737e1f5ff20d3da.jpg


これ、オイラ駅でポスターを初めて見たときに
「すごいデザインだ!」って素直に思いました。
シンプルなデザインですが、
正月に箱根をマラソンするという、
箱根駅伝を表す要素が全て入ってる。
富士山からびよーんって伸びてるとことか最高。

これ以上のポスターはなかなか出てこないんじゃないでしょうか。
現に2年連続で使われてますしね。

ペプシマンやとしまえん、愛地球博のロゴなどを作った
アートディレクターの大貫卓也さんは
「アイデアはそぎ落とすものじゃない。
色んな要素を足し算していって、ぎゅっとシンプルに濃縮したものだ。」
と言っています。まさにこれはその通りなような気がします。



●雑誌「KING」

005bb3b676567a2a9834570e38f64208.jpg

かなりウケます。
確かに、だいたいカップルって
女の子のほうがかわいくて、「なんでこんな男に…」
って思うことが多くないですか?
逆はあまりないんですよね〜。

デザイン自体ははっきり言って、汚い(笑)。
でも機能していると思います。
きっとアートディレクションって、伝わる仕組みづくりのことだと思ってます。
そういう意味では、こんなんでもOK。

誰かが、
「ミュージシャンは、専門学校行かないでもなれると思うのに、
なんでアートディレクターには、芸大行かないとダメだと思うんだろうね」
って言ってました。


●警視庁

警視庁a.jpg


前のボスの昔の仕事。
警視庁の指名手配のポスターって意外と見てるようで関心って低いですよね。
きっと警視庁の指名手配ポスターを一番見ているのは、犯人だと。
だから最初「つかまるな」っていうアイデアをプレったそうです。
(逮捕される前に自首しろってことね)
確かに、それが理想です。
でもさすがにそれはアカンとダメだったそうです(笑)

なら、「逃げている」というキーワードから、視点をスイッチして
事件から目をそむけている、無関心な一般市民に「逃げている」
という言葉を向けた。

広告の基本は、視点をいかに変えられるか、だそうです。



今日はこんなとこで★
さて、雨なんぞ降ってますが
あと一仕事して、太郎と飲みに行きます。



【オマケ】


最近、DVDについているテレビシリーズの一話目って多くないですか?
つい気になってみちゃうんですが。
オイラが見たのは、

●Re:Birth(カナダ)

なんか、原因不明のなぞのウイルスに市民が感染していくようなストーリー。
すんごい重そうなイントロに比べると、ノリは意外と軽い…
演技のノリはおもしろく見やすいけど、いまいち迫力に欠ける気が…
まだ一話だからしょうがないか?


●ROME(イタリア)

古典モノ。カエサルの話を中心に描いたのですが、
なんか妙にエロチックでアダルト。
セットや衣装も大掛かりで気合入ってます。


【今日のBGM】

Our Song(A Lonely Girl Ver.) / 大沢伸一




ご存知、MONDO GROSSOの大沢さんのソロ名義の曲。
このハウス感は、まさにモンドグロッソとそんな変わらないのですが。
超いいねこの曲。あれ?前に紹介したっけ。

PVも超いい。こういうトーンで、
東京に住む女の子・男の子の暮らしとかを描く映像って好きです
こういう曲を作りたいです。




posted by moopys2008 at 21:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。