2008年05月04日

ブログの一時休止のお知らせ〜のれん分けします〜

さて、今日はカイモノをしてきました。

もう、すごかったよ。
何がすごかったって、中国人観光客。

伊勢丹メンズ館行ったんですが、
しょっちゅう中国語が聴こえてきました。
それに、サイズ表記にも中国語の注釈あるし。

日本、「買われてます」



ところで!


今日考えたのは、
この長年(?)やっているオイラのブログですが、
ここいらで解散しようかと思っています。

コンテンツとしてのブログと、
オイラ個人の日記としてのブログを少し分離したい。



気がつけば、2001年にホームページの日記コンテンツから
スタートし、ブログ時代にさきがけてブログ形式で
続けて、もう5年はたっているのですが、
その間、色々ありました、少しはオトナになりました。


で、この時代、情報は共有することで自分に返ってくると
思っているオイラとしては、
とりあげたい話題、話したいこと、
なども増えています。

しかーしだ、
昔みたいにぶっちゃけなネタは出せない部分も逆に増えて、
今現在このブログ本体では結構ごった煮状態なのも事実。
だからもう少しテーマを絞ったり、
読むターゲットをしっかりセグメントした
ブログを書きたい。
もはや海外への発信も求められています。
えー英語で書くの〜って感じですが…(汗)
※実は密かに海外の友達のみに発信しているブログも存在していました。
今年閉店したけど。


それで、
ブログというメディアを使ってコラム的に発信している俺の自己主張と、
毎日地べたをのたうちまわるように生きている俺の日記とは
別にしたい。


これだけ毎日のようにブログをつけているのだから、
もう少し意味のある情報発信手段にしたいのです。


というわけで、
しばらくそれについて考えたいと思っています。


別にネットという手段を通じて、
普段会えない人達とつながりを持つことができるのは大事です。
だから、ブログ的な手法は続けていこうと思います。
だけど、最近思うことや悩むこと、利害関係が多く
ちょっと前のようには書けないんですわぁ。


たぶん、のれんわけ形式になると思います。
ラーメン屋みたいな感じで。

あーでもどうしよ、某家系のラーメン屋みたいに
のれん分けした店のほうがうまくて、
本家微妙みたいに言われたりして、
あげくのはてにカップラーメンになっちゃったりして…

ってどうでもいいね。
新しい展開として、一部の方にはご協力をお願いすると思います。
その時は断らないでね(笑)


というわけで、よろしくー。


【オマケ】

もこみち&相武“低視聴率コンビ”が大健闘中のワケは?
(日刊サイゾー



いやー前にオイラがここで書いたとおりの結果になりましたね。
ドラマ「絶対彼氏」。
その勝因で、おれと同じことを言っています。
もこみちの使い方の成功ってやつです。

俺の分析、結構すごくない(笑)!?
(自分で言うなって)


【今日のBGM】

Paint It Black / The Rolling Stones


何度も書いてますが、ビートルズよりずっとストーンズのほうが好きです。
ロックです。いやビートルズもロックなんだけど、単純に音楽性の話です。
かっこいい…普通にロックしてる。

俺も「黒く塗ります」か…



posted by moopys2008 at 22:17| 東京 ☁| Comment(39) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sputnikな行動理論〜まずやってみる〜

さて、今日はすごく素敵な言葉というか、
考え方に出会いました。
そんな話です。


そんな考え方を教えてくれたのは、
SPUTNIKの編集長などで有名な野村訓市氏。

なんで野村訓市?って話ですが、実は
昨日、ダイさんのお誘いで
新たに改装したマドラウンジ@六本木ヒルズ52階の
パーティーに遊びに行ってきました。

なんか浅野忠信がエレクトロニカの変なライブを披露したりしていて、
エセモデルみたいな人とか、外人がやたらいました…
そして野村訓市氏も来ていて、おー久し振りに見たわ〜とか思って。

で、あの人今何してるのかなぁ〜って(笑)。


そして本題ですが、
大学を卒業して、何年も世界中を旅して、
帰国したらIDEEの元社長からお金を借りて、SPUTNIKという
雑誌を作り、話題になった彼。

その辺のスタンスについて語る、彼の話を引用しちゃいます。


みんなDIY、Do It Youself、ってよく言ってたんですけど、
日本でいうDIYっていうよりは、もっと地に足の着いたDIYをやっていて。
 自分が何が出来るのかなって・・。
何の経験もないし、興味あるものは多いけど絞り切れなくて。
俺には出来ないってことが多くて。本作るって言って、
飛行機のチケット買っちゃったし、やるしかないからやって・・。
ちっちゃいとこから始めて、終わってみたら結局、一応形になったから、
DIYっていうのはこういうものかなぁって。
 日本にいると、どうしても知識武装してしまうっていうか、
興味持った人のインタビュー読んだり、勧めた本読んだりしていくうちに、
自分がすごい力不足だって痛感するんですよ。
 でも、やりたいと思ったときに、人におだてられたりしたら、
結構出来ちまうもんなんじゃないかと。
で、作品さえ出来れば、ある程度みんな評価してくれるわけですよ。
面白い、面白くないにしろ、よくやった、出来たじゃないかって。
そうすると、勉強すれば、次作るモノっていうのは、もっとよくなるから、
みんなそんな感じで始まると思うんですよ。
 こうやって僕も出来たから、みんなにやれっていうと、
お前は、旅行してて行動力があったし、
英語がしゃべれるから出来るんだよってふうに、言われるわけですよ。
だけど、そんなことは無いはずで。やる前は、ただのプーだし。
 もちろん、他の人が同じように、
本が出来るかっていうのは、わかんないですけど。
音楽でやった方が100倍通じる人もいるし。
それをなんとか探して行かなきゃいけないんですよ。
ポジティブに考えていけば、いいんではないかなと。



まさにオイラがここ数年感じて、自分と対話してきたこと。
言葉にはならなかったけど、
自分の仕事や色んな活動に対するスタンス。

でも、気がついたらできなくなっいて
師匠にも熱く言われたことと一緒。


はじめて、ギターをはじめたとき
作曲してみたとき、
DJしてみたとき、
広告の仕事してみたとき、
ファッションについて学んだとき…
など、おれの頭には
「できるかな」ではなくて
「やりたいから、やってみるべ〜」
しかなかった。

なんで、できなくなるか。
オトナになればなるほど躊躇しちゃう。
まぁ当事者は少ないけど、批評家は多いから。


いやー改めて、やるしかないね。


【オマケ】

久し振りに最近のヘヴィロテ


Starr Sky / Capsule
Call On Me / Eric Prydz
Rise Above This / Seether
Beat It / Fall Out Boy
Falling Down / Scarlett Johansson
Sexy Can I / RayJ feat. Young Berg
Breeding Love / Leona Lewis
Gripping On My Bed / Sean Garrett
Hed kandiのよくわからないmix
Stand Up Tall / Dizee Rascal


なんだか、
エレクトロニカ系のカタい音が多いですね。
夏なので(?)ハウスが増えています。
カラダがそういうグルーブを求めているみたいです。
普通にFragmaとかのイビザトランス的な音も聴いてるもん。

旅したい病発病の兆しか!?
あとFall Out Boyのマイコージャクソンのカバーは
原曲を聴きこんでいた身としてはかなりウケます。
でも原曲ではエディー・ヴァン・ヘイレンがひいていた
超絶ソロの再現までは無理でしたねぇ…あそこがかっこよかったのに。


【今日のBGM】

Falling Down / Scarlett Johansson



ついに出ましたねぇ。女優スカーレット・ヨハンソンの
なぜかトム・ウェイツのカバーアルバム。
若手女優なんだから、もう少し若々しいオリジナル曲とかにすりゃあいいのに、
なぜ?って思ったけど、これはこれでアリ。

顔立ちの割に、声がハスキーなので、あってるのかもね。
なんかクセになるテイストです。
posted by moopys2008 at 01:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

時代のトレンド「ネオ・クラシック」〜というか、FranFran?〜

さて、色々とお出かけしてきました☆

メガネ買ってみたよ。
念願のVIKTOR&ROLF。
マイ・フェイバリットブランドです。

さて、今日は渋谷〜青山をぐるーっとまわって
色々見てきました。

気になったのは、うーん。
久し振りのLOVELESSかなぁ。

メンズファッションって、今、
すごく黒・ロックが多い。
オイラ的にはその反動で、
カラフルなのであふれるのではないだろうか?
そんな気がしています。
それも蛍光色とか普通に使うデザインが出てきそう。
個人的にはちょっと見たくないが。


そうそうブルータス読んでて、思った、
今のデザイントレンドって
「ネオ・クラシック」って言うんだって。

インテリアなんて顕著。
古典的なモチーフを用いつつも、
それを現代的な解釈におきかえている。
FranFranなんて行くとすごくよくわかる。

漆黒のプラスチックとスワロフスキーの組み合わせで
できたシャンデリアとかさ〜。

服とかもそうだよなぁ〜メンズなんて顕著。
でもアパレル関係者は違う分析なのかなぁ。
あくまでオイラの生活圏での実感値なので。


実はオイラ、ヴィンテージテイストが好きだって
ことが判明。
派手なデザインやテイストも嫌いじゃないけど、
消費されていくんじゃないか…って不安がある。
年月とともに、深めたり、色んなテイストを
ミックスしやすいヴィンテージって良い。
ウチのソファも若干そうだし。


なんでこんな話をしているかっていうと
デザインの勉強やら調べ物をしているから。

今の部署にうってから、
コピーライティングの負担が軽減され、
言語コミュニケーションではなく、
デザインなど、よりビジュアル・コミュニケーションの
設計に時間を使えるようになる。

だから、これを機に少し勉強すっかということです。
正直、広告を創る時にアートディレクターは自分で兼任したい。

自分がそれにこだわるのは、海外で勝負したいから。
海外で勝負するのに、「日本語」というフォームに
しばられるのは不利。
だから非言語のモチーフで構築されるインターフェイスが、
オイラの広告には必要なのです。

ぱっと見て、アフリカのおばちゃんでもわからないと意味がない。
あとは自分、文学性ゼロなので(笑)。


それにしても、やっぱ東京はいいなぁ(田舎者?)
明日(もう今日?)は夜渋谷にいる予定なので、お暇な方は連絡ください。


【オマケ】

さーて映画評


●青い春

いまさらシリーズです(笑)。
うん、尖ってますね。ただ全ての行動に必然性がない。
きっと理解に苦しむ人多いと思う。

でも高校生の時の男の子って、
そういう必然性のない行動が必要なんだよね。
己の攻撃性を抑えるというか。

10代の男なんて、体内に色んな熱いマグマみたいのを
抱えているようなもんですから。

それが、
部活だったり、バンド活動だったり、はたまた
女の子だったり、に放出されていく。
それがうまくハマらないと悪事にもベクトルが向く。
それだけの話。

ここで出てくる少年達も、
「悪事」をしようというより、
彼らなりに自由を感じて、自分の中にあるものを
向けるベクトルなんだな〜って俺は思った。

ちょっと違う話になるけど、
そう考えると17〜18歳の犯罪って、
オトナの犯罪とは色合いが違うのかもしれない。
彼らの犯罪を、大人の基準で裁くことに問題があるのかもしれん。
死刑にするなら、するで彼らの基準が必要なのかもしれん。


【今日のBGM】

Bleeding Love / Leona Lewis


ちょいとご紹介が遅れました。
このレオナ・ルイス。「10年に一度の逸材」、「セリーヌ・ディオンの再来」とか
色々言われているそうです。
で、さっそくオイラも気になって音源をゲットしてみました。
手に入れたのは数曲なのですが、いや良い☆

音的には正統派なのですが、
ポップミュージックとしてのクオリティーが高い。
トラックが結構良いです。

誰が聴いても嫌な曲に聞こえはしないはず。
posted by moopys2008 at 03:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

東京カムバック

さてさて東京に戻ってまいりました☆
その前に、名古屋港の報告ですww

友達の麻衣子ちゃんと名古屋港に行ってきました。
彼女は某劇団四季のマンマミーアに出演中。
しばらく名古屋での公演が続くので、名古屋に滞在してるのです。
とりあえず、休日に大して遊びにも行ってない俺を見かねたのか、
遊びに連れだしてくれました(笑)。

で、名古屋ではわりと遊ぶスポットらしいということで
名古屋港に行ってきました。

何があったか、というと
・ワリとデカい水族館
・イタリア村
です。

水族館はやっぱいいですね。なんか癒される。
もし金があったら、巨大水槽とか作ってクマノミとイソギンチャクとか
飼いたい(笑)。

あとイタリア村というのがあって、コレがまたウケる。
日光江戸村みたいに、イタリアの町並みを再現した感じ(?)
お台場のヴィーナスフォートにちょっと似てるけど、あんな
大きくない。
ただディテールが細かすぎて、子供は楽しめないかも。
微妙にイタリアワイン売ってますとか、
はじっこのほうに「真実の口」が置いてるとか…ww

まぁそんな感じでリラックスな休日してきましたよ。

今は東京なんですが、
会社の後輩とあって仕事の引き継ぎしたり、
一日中、調べ物とか。

あ、そうそうやっとiTunesストアを見たのですが
去年、プロデュースしたサーノンのシングル曲ちゃんと
売ってて、妙に感激。おーって。いまさら感ですが。

http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewAlbum?id=269345754&s=143462

ここから試聴もできまっせ。
サーノンのラップ以外は全部やったんで。
そんな大した値段じゃないんで、買ったって☆
もうちょっとマスタリングに時間かけたかったなぁ〜。
ハードなスケジュールのレコーデイングだったから仕方ないか〜。

太郎のや、某有名ブランド関係など、
あとは2〜3つレコーディングのプロジェクトが控えているので
がむばります。



【オマケ】
ちょっとマニアックな話で少し脱線しますが、
知ってる方がいたら教えてほしい。

今さらながら、今度こそ
レコーディングシステムを刷新しよう!と思っています。
つまり、ハードからソフトへです。

で、購入を迷っているのが、
ProToolsの導入か、それともCUBASE?SONAR?
うーん。
曲作ったりするたびに、配線を組むのがもうメンドクサイ。


ProToolsなんて、前は100万円くらいしたのに
今じゃ廉価版も出て、かなり購入しやすくなりました。
もうね、ハードウェアの液晶の画面での打ち込み作業に
限界を感じてるのよ。
今候補としては

・ProTools LE mbox2シリーズ
・CUBASE 4
あたりが2大候補です。
新たにオーディオインターフェイス買うのもいやだし。

こういう機材関係とかも、調べだすと
楽しくて仕方ない、オタク根性のオイラです。

【映画評】

ひさしぶりですね。

●シリアナ


前に見たとき寝ちゃって、また見ました。
やっぱり眠かった。いや悪い映画じゃないんだけど
シリアスすぎで、テンポもゆったりしてるので。
ある中東の石油王国周辺で、アメリカの石油ビジネスが
利益を生み出すために、どんなことをしてきたか…を
CIAの工作員の著書(つまり実話)をもとに描いた映画。
結構ラストは衝撃。
※余談ですが、なにげにドラマ24で脇役で出演している俳優が
バンバン出てきます(笑)みんな24と似たような役なのもウケるけど。

●SAW 4

ええ、やっとみました。
今回は犯人のジグソウがなぜ、あのような殺人鬼に変わったのか?
を背景のストーリーに、今回もスリラーが展開される。
ハンニバルライジング的な感じです。

今回もスピード感のある残虐性は健在。
ただシリーズも4話になると少し展開が読めてくる。
衝撃のラストも、衝撃なラストになるとわかっていれば
衝撃じゃないわけで。

クオリティーは高い。だけど4話目だとツラい。
そんな感じ。ただ少しストーリーの奥行は深くなりました。
そこは評価。ホラー系とは一線を画しましたね。
まさか、あの結末だとSAW5やる気か!?


【今日のBGM】

W / X JAPAN



さっそくそのSAW 4の主題歌に抜擢された曲を…
って、この曲アリかぁぁぁ!?(笑)。
hideがいたらなぁ…

むしろZilchのほうが良い気がする…

posted by moopys2008 at 03:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。