2008年04月08日

ラジオ番組風にいろいろ〜YouTube祭り?〜


「超かったりーぜ…」

なんてダンディな始まりですが、
引越しの段ボール箱などが大量に業者から届いたんですね。
で、結構あるから玄関口ヨコに立てかけておいたんですよ。

そしたらこの二日の大雨で玄関ヨコから雨がザァザァ入ってきて、
段ボールはふやけてしまいました…

なので、明日また太陽の日の下で乾かして、
干し柿ならぬ、干し段ボールに家具を入れて引っ越しますYo-Ichiです。

いきなりどーしよーもない感じですが、
今日はYouTubeで音楽の話を…

さっそく最初の一曲言ってみよう
今朝気まぐれにiPodから選んだ曲


●Home Sweet Home / Motley Crue



いきなりモトリークルーかよって感じですが、
久しぶりにこんなハードロック聴いたら、逆に新鮮だったので。

このシンプルなのに、おおげさなアレンジと造りといい、
いかにも80年代なPVもいいですね(笑)。
90年代のメタル系のバラード曲のPVって大体、
メンバーが演じるラブストーリーか、ツアーの映像集みたいのばっかだね(笑)

オイラが高校生の時って、
こういうハードロックやメタルってすごいダサかった。
でも80年代や70年代ってロックを素直に信じることができたのが、
こういうPVを見るとわかる。

確かに、ニセモノ的に見えるかもだけど、
ロックって基本的にギミックみたいなもんだし、
お金払って、チケット握り締めて行ったコンサート、
花火とかバンバンあがって、打ちのめされて
「うわーすげー」って帰る。
お客さんがお金払った分を楽しんでもらうという意味ではプロだよなー。


では、次の曲。


なぜか…コレ
●Perfect Drug / Nine Inch Nails



モトリーから打って変わって、強烈なやつ。
この曲は超大好きー

なんかドラムンベースなんだか、メタルなんだか、エレクトロニカなんだか、ロックなんだか…
でも最強のポップソングな気がする。

ナイン・インチ・ネイルズといえば、もう過激派の局地みたいな人でしたね。

他にもすごいのがあって
あと2曲ほど紹介しようか。



●March Of The Pigs / Nine Inch Nails




スタジオ撮りなんやけど、なんでこんなに暴れてるんだろう…
マイク何回変えてんだよ(笑)


んじゃ、もういっこ。
コレ、激ヤバです。心臓弱い人見ないほうがいいかも〜。

●Happiness In Slavery / Nine Inch Nails



当時、大問題になって、発禁くらいましたね…
初のdaily motion、うまく見れっかなぁ…


と、散々オイラのトレント・レズナー愛を出したところで、
爽やか目のを…


●It's Over Now / Neve



このバンド知ってる人いたら、かなりウケるかも☆
今から10年くらい前に、なにげなくサントラに提供したこの曲が
カレッジ・ラジオでリクエストの嵐になり、アルバムも出すことに…
そこで「ブレイク間違いなし!期待の若手バンド」として、
エアロスミスなどをブレイクさせた豪腕A&Rをつけて、
レーベルのバックアップのもと万全の体制で売り出すことに…

そしたら、なぜか(ほんとになぜか)同時期に
リッキー・マーティンのアルバムが同じレーベルから
リリースされるから、このバンドのアルバム発売が延期に…
(全然、ターゲットかぶらないのに…)
※ちなみに日本では延期せず、発売され、俺みたいな奴が買いました。

で、何度も延期され、レーベルまで変わって3年後くらいに
ようやく全米リリースされるも、
その頃には、売れ筋時期を逃しており、大してヒットせず…

で、再び、このヒット曲をシングルに!となるも
バンド側が拒否。

あげくのはてに、Hansonなどの「楽器できるボーイズグループ」の前座でやらされ、
ボーイズグループ系で売り出されそうになる始末。

最後はギタリストも脱退し、気がついたら自然消滅していた…
という哀しい物語を持つバンドです。

まぁレーベルはColumbiaことソニーなんですが、
アホかと…

最初は、Third Eye Blindの弟分として売り出してたのに…
この曲自体はすごく爽やかで純粋に良い曲だと思います。

オイラもサントラで「Neve?聞いたことないバンドだな…女優のNeve Cambellのファンかな?」
くらいに思って、曲聴いたら「おー超いいじゃん!」って。

すごいもったいない。
まぁアルバムは結構、ギターとか分厚いゴッテリした音になっちゃって
飽きる感じだったので、一発屋の使命だったのかもしれませんが。



じゃぁ今日はこんなところで☆
今度一発屋特集でもやろうかな〜。
探しとくから、リクエスト募集中(笑)。

◇◆◇


あ、オイラの送別会:場所決まりました。
幹事のテンドー君からもらった詳細をアップします。

----------------------------------
日にち:4月12日
時間:19時半〜22時
場所:
Ristorante & Bar Prego
〒106-0045 東京都港区麻布十番1-3-7 ベルレイン麻布1・2F
03-3583-2001


地図
http://r.gnavi.co.jp/p228200/map1.htm


持ち物:
・自分もしくはお気に入りの写真…だそうです。


会費:
男性5000円
女性4000円

---------------------------------------

ドレスコードは特に設けてませんが、「よーいちが喜びそうな服装」だそうです。
非常に楽しみです(笑)♪


【オマケ】

映画評♪


●バイオハザード3


俺、バイオハザードシリーズは大好きなんです。
なんか妙にハマるシリーズっつーのがあって、バイオハザードとアンダーワールドは
毎回続きが気になってしょうがなかった。

で、今回はどうか?
すっかり地球とか滅んじゃって、砂漠になってる分、
世紀末感は増してます。ただ予算の大幅アップがわかる感じで
スケールのデカさや映像のかっこよさは増大。

でもちょっとアクション度が低下。
個人的にはミラ・ジョボヴィッチにもっとガシガシ、ゾンビを殺しまくってほしかった。

で、ゾンビの特殊メイクがかなりいい感じになっていて、
俺にはどう見ても、スリップノットのメンバーにしか見えませんでした(笑)
いやマジで激似やから。

スリルは低下した…本来安心感もって見る映画じゃないからなぁ〜
変な超能力も登場したし。
その点で、破壊力抜群の
バイオハザード2のほうがかっこいいとオイラは思う。

それにしてもミラ・ジョボヴィッチって美しい。
かわいいとか、好みのタイプとかじゃなくて、
女性を造形物という観点でとらえたら、
俺はミラ・ジョボヴィッチが世界一美しいと思う。
スタイルやパーツのバランスが美しすぎる


●未来予想図

ええ、あれドリカムの不朽の名曲を映画化したやつです。
なんかね、超正統派なラブストーリー。

大学生の時に偶然出あった二人が、オトナになり
10年をかけたラブストーリーを描く。

個人的には、主演の二人がみずみずしすぎて、
10年という年月を超えたラブストーリー感がなかったなぁ。
ただ年月と共に主演の松下奈緒のメイクが、
オトナの女性の美しさに変化するのは上出来。
(メイク担当をホメてどうすると…)

いや悪い映画じゃない。素敵な映画です。
でも俺には、すごく不自然に感じた。
手をつないでいるだけの恋愛なんて変。
恋愛ってもっとドロドロしていると思うし。
この映画だと、キレイゴトに見えちゃうの。
その点で、最後まで入り込めなった。

途中のシーンとかで
「うわ、頼むから、ここで偶然ばったり会うなんて展開やめろよ」
とか思ったりして見てた(笑)

でも、こういう素直なラブストーリーを信じられないのは
自分のせいなのかなぁ〜なんて、汚れたオトナの自分に欝…。

まぁアッシュベイビー読んだあとだからか(笑)



【今日のBGM】

今日はいいべ(笑)







posted by moopys2008 at 15:25| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。